1. ホーム>
  2. お勧めモデルコース>
  3. うりづらロマンロード (Walking Course)

お勧めモデルコース

うりづらロマンロード (Walking Course)

新日本歩く道紀行100選シリーズ
「新日本歩く道紀行100選」文化の道 に認定されました!

新日本歩く道紀行100選 認定証

コースの全体距離 約10㎞
所要時間(歩行時間) 約3時間

瓜連駅(うりづらえき)

〔交通アクセス〕
◎「水戸駅」からJR水郡線で約30分
矢印下(4) 約0.8㎞
約20分
常福寺 常福寺(じょうふくじ)
延元3年(1338)に了実上人によって開山され、応永12年(1405)第二世了誉上人によって現在の地、瓜連城址に移転しました。
徳川光圀公が寄進した「拾遺古徳伝」、「法然上人像」は国の重要文化財に指定されています。
矢印下(4) 約2.2㎞
約40分
弘願寺(こうがんじ) 弘願寺・くすぐり地蔵
佐竹氏により建立された臨済宗の寺院。県指定文化財「滝見観音図」が伝わっています。
また、病めるところをお地蔵様に当てて、くすぐりながら治癒を祈ると身代わりになってくれるという「くすぐり地蔵」があります。
矢印下(4) 約1.3㎞
約20分
静のムクの木 静のムクの木
(しずのむくのき)
桂木稲荷神社の境内に植えられており、県天然記念物に指定されています。八幡太郎義家が奥州遠征の途中、軍をここに休めた時、持参した鞭を境内の土に突き刺したまま出発してしまい、それが根付いて大木になったといわれています。
矢印下(4) 約0.5㎞
約14分
静神社
(しずじんじゃ)
静神社
常陸二の宮として古くから信仰を集め、初詣、節分祭、そして神事の「つた舞」「お笹明神」の出社が行われる秋の大祭(11月25~27日)は、多くの参拝者でにぎわいます。本殿には、国指定重要文化財の銅印「静神官印」が納められています。
矢印下(4) 約0.3㎞
約4分
静峰3 静峰ふるさと公園
(しずみねふるさとこうえん)
園内に約2,000本植えられている八重桜の見ごろは4月中旬から5月上旬で、「日本さくら名所100選」にも選ばれた名所です。
矢印下(4) 約0.7㎞
約18分
斎藤監物の墓
(さいとうけんもつのはか)
斎藤監物は静神社の神官で、安政7年(1860)3月3日の「桜田門外の変」に参加した水戸浪人17人、薩摩浪人1人の中の1人です。重傷を負い、5日後に死去。享年39歳。
矢印下(4) 約1.5㎞
約30分
古徳沼
(ことくぬま)
白鳥9
昭和41年(1966)にわずか3羽で始まった白鳥の飛来は、平成2年(1990)には230羽を超え、関東最大の越冬地になりました。
矢印下(4) 約1.5㎞
約35分
瓜連駅